デットクスでも違いを教えます!

 

「デトックスは健康にいい」という言葉をよく聞きますが、そもそもデトックスとは何かというと・・・直訳すれば「解毒」、つまり、体内にある毒素や老廃物を分解・排出する、ということです。

 

健康ジャンルにおけるデトックスの意味は、「毒素や老廃物の分解」よりも、むしろ「排出」の意味で使われることのほうが多いですね。

 

つまり、「デトックスは健康にいい」という言葉は「体に溜まった毒素や老廃物を出しちゃえばいいよ!」という意味なのです。

 

プチ断食によるデトックスの効果

 

さて、私たち素人でもできるデトックスの方法としては、プチ断食・ファスティングなどによるデトックスが挙げられます。

 

プチ断食やファスティングをすることが、なぜデトックスにつながるのかというと、簡単に言えば「日々の食事で疲れ切った消化器官をいたわって元気を取り戻させ、排出機能を高める」ということになりますね。

 

私たちの今の食生活は、昔に比べてとってもゼイタク。
しかも食事だけでなく間食もバクバク食べますから、消化器官は休む暇もなく疲れ切ってしまっているわけです。

 

まあ早い話が、「消化器官にリフレッシュ休暇を与えるのがデトックス」というような感じですね。

 

私たち人間が、仕事で疲れてもリフレッシュ休暇をもらうと元気になれるのと同じで、消化器官にもそういう機会を与えてあげれば、失った元気を取り戻すことができるのです。

 

入浴によるデトックスはどうなの?

 

さて、デトックスと言えば、「入浴で汗をたっぷりかいて、汗と一緒に毒素や老廃物を排出する」という発汗デトックスも有名ですよね。

 

この発汗デトックスと、プチ断食やファスティングによるデトックス、いったいどちらが効果的なのかというと・・・

 

これは断然、プチ断食やファスティングのほうが、デトックス効果は高いといえます。

 

なぜなら・・・汗によって排出される毒素や老廃物は、全体の数%程度にしかならない、という現実があるからなんですよ。
ほとんどの毒素・老廃物は尿や便として排出されるので、消化器官をリフレッシュさせるプチ断食やファスティングによるデトックスのほうが効果的なのです。

 

⇒酵素とファスティングダイエットにオススメのランキングを掲載しています