●ファスティングで起きる好転反応ってなに?

ファスティングを正しく行うと、1〜2日目にかけて、体調が悪くなることがあります。これを好転反応と呼びます。好転反応は、体内に溜まった老輩物や毒素が積極的に排出されている信号になるので、焦ることはありません。むしろ好転反応が出た方が、ファスティングは成功しているともいえるのです。この好転反応の症状や対処法などに関してお話しましょう。
好転反応

【好転反応のよくある症状とは?】

好転反応として良く見られる症状は、肩こり、腰痛、吐き気、めまい、嘔吐、吹き出物などの肌荒れ、頭痛などがあります。その中でも特によく起こる症状は、便秘や下痢でしょう。どの症状も人によって程度も異なりますが、薬を飲む必要はありません。断食を行えばだれでも必ず起こる反応ですので、体調不良は苦しいですが、ダイエット成功への道と思い頑張っていきましょう。

 

【好転反応が起こる原因とは?】

好転反応が起こる原因は、様々なことが考えられますが、まず全身の細胞に蓄積されていた中性脂肪やコレステロールなどの老廃物が破壊されていきます。すると血液に破壊した細胞が流れていくでしょう。この破壊した細胞は血液だけにとどまらず、肝臓、小腸など各臓器にも流れていき、そこで各組織で炎症反応が起こり、様々な不調を来たすと言われているのです。特に体内に溜まった老廃物や毒素が多い状態の場合、好転反応は大きく出ることが考えられます。

 

【好転反応が強く出る人と、弱い人の違いはあるの?】

好転反応は人によって個人差が大きいと言われています。特に好転反応がひどい症状の人は、今までの生活状態が悪い場合が多いでしょう。例えば不摂生な食事を繰り返していたり、肉や油っぽい食事ばかり食べていたり、肥満状態の人、また体力が低下している人なども挙げられます。さらに初めてファスティングを行う場合には、好転反応が強くでる場合がありますので、覚悟しておきましょう。好転反応が起こるタイミングは、人によって異なります。準備期間を長めにとると、早めに出てくると言われています。

 

【好転反応の解決法はあるの?】

好転反応は体にとっては不調な状態になるのでつらいですが、ファスティング自体はうまくいっている証拠なので、症状がそれほどひどくない場合には、日常通りの生活を送るように心掛けましょう。どうしても症状がつらいという場合には、体を温めてみましょう。体をあたためると症状が緩和されることがありますよ。また便秘の場合には、水分をたくさん取ることで、お通じをよくしてくれますので、お水をたくさん飲むようにしましょう。