●酵素+ファスティングダイエットの復帰食はどんなのが良い?

食事
酵素+ファスティングダイエットを行えば、食べる量が減りますので、確実に減少することはできるでしょう。しかしそこで大切なのは、ファスティングをした後に何を食べるかということです。急に通常の食事を取ったり、甘いものをドカ食いしたりすると、リバウンドしてしまう可能性が高いでしょう。ファスティング中は、消化機能をストップして、内臓を休ませていますので、断食後食べる食事には気を付けなければなりません。断食後の食事を復帰食というのですが、復帰食は健康的な体を取り戻すためにも、ダイエットを成功させるためにも非常に有名です。そこで今回は、酵素+ファスティングダイエットの復帰食はどのようなものがよいのか考えてみましょう。

 

【どれくらい復帰食を食べたらよい?】

ファスティングを行った後は、消化機能が休まった状態になるので急にドカ食いをしてはいけません。急にたくさんの量を食べてしまうと、消化不良を起こしてしまいますし、せっかくやった断食がムダになってしまうのです。復帰食は断食を行った日数分かそれより多めに設定して、徐々に体を慣らしていくようにしましょう。一度でも食べ物を口にしてしまうと、食欲を抑えられなくなる人もいますので、我慢が必要になるでしょう。

 

【薄味で、タンパク質や脂質は取らないようにしよう】

復帰食は、まずは少量からスタートしていきます。徐々に量を普段に近づけていき、体に優しく負担のないものから始めていくのがよいと言われています。また動物性のタンパク質や動物性脂肪は、復帰食中は食べないようにしましょう。

 

【よく噛んで食べ、酵素ドリンクは続けることが望ましい】

復帰食は、普段よりも良く噛むようにします。すると唾液に含まれる消化酵素を出してくれるので、消化しやすくなるでしょう。まず始めは腹6分程度からスタートして、腹8分目程度に徐々に増やしていきましょう。また砂糖や塩などもなるべく薄めにして、塩分を控えるようにしましょう。酵素ドリンクに関しては、ファスティングが終ったら飲み終わるのではなく、継続して毎日飲むことで、よりダイエット効果が期待でき、内臓機能をアップさせることができるでしょう。